統失大学院生のしょーんな日常

どこかの大学院の博士課程に長々と在籍している統合失調症の患者が毎日どのように暮らしているのかご報告します。リハビリのためにできるだけ毎日書くことを目指します。

病院が決められない!

こんばんは。

 

手術の恐怖と戦いつつ(気が早い)、静かに暮らしています。身体的苦痛を恐れていたけど、結局はそれでメンタルが死ぬほどつらいってことが問題なんだなと気がつきました。

全く生産的にはなれません。私が何かしようとすると心身が不調になるのはなぜなのでしょう。このままでは病気に対応する人生になりそうです。それでも寿命まで生きられたら十分偉いけど、ちょっとつらすぎる。

 

同居人は串打ちをしています。今日は焼き鳥屋さんごっこのようです。あとは新生姜の炊き込みご飯をリピートしています。

ちゃんと食べて、運動して、元気を保たないと。

 

先日卵巣を取る手術をした友人は、同じく精神疾患があるので、精神科に入院してそこから手術を受けたと言っていました。それは新しい知識。私も精神科と連携できる病院がいいのかもしれません。

病院選びは難航しています。9月頭まで埋まっている病院は仮に予約しました。考えが変わったらキャンセルできるし。私の事情をわかってくれて、急かさないでくれて、できれば通いやすいところだとうれしいです。

大学病院はどこも家から1時間かかり、診察に2時間待ちとか。それでも商売でやってないから手術を急かさないだろうし、しっかり私の要望に付き合ってくれていいんじゃないかと同居人は言います。あー、決められない。大学病院は怖いです。金曜日に精神科の主治医とも相談します。

 

私は病院の話ばかりしていいて、同居人はゲームの話ばかりしています。全然自分から病気のことを調べたりしてくれないのがちょっと不満です。自分が調べても私が調べた以上の情報は出てこないという言い分です。心配だったら意味のないこともしちゃうものなんじゃないのと文句を言いました。話を聞いてくれるだけでもよしとしないといけないのかもしれませんが。

検査結果から1週間、なかなか日常に戻れません。

びびりつつ暮らしていますが、大変身希望

こんばんは。

 

夏も本番ですね! 今日は大体眠って過ごしましたが、起きた隙に焼肉ランチに行きました。カルビ定食にしたら脂が多くてお腹にもたれ……。肉を食べ始めたのが最近なので、肉経験値が少ないのです。私が好きなのはどうやらハラミらしい。最初はうなぎを食べる予定だったのですが、近所の鰻屋さんがお休みで、あっさり焼肉にチェンジ。改装していたお気に入りの店が復活していたのです。なんでも店が燃えたから建て直したらしく、焼き肉焼いても家焼くなってCMを思い出しました。

 

昨日の夜にどこの病院にかかるか同居人と相談しました。仕事で疲れていたので身も蓋も無いことをいろいろ言われて、すっかり病院が怖くなりました。こういうことを言われて、こう感じて、嫌だったよと伝えたら、ちゃんわかって謝ってくれました。私も重い相談は土日にしようと反省。この人は疲れているとAIになるからな。相談に乗ってくれたのは感謝だけど、自分がほぼ決めていたのをひっくり返されて、今日もまだ怖い気持ちです。

 

父親から電話があって、心配してくれたのかと思ったら、終始母親と妹の愚痴でした。最後にぼそっと、「がんじゃないんだよな?」と聞かれました。男親ってそういうものなのかも。たぶん母親から話がいっていないから、手術するとか子宮を取るとか聞いたらまた大騒ぎするんだろうなあと気が重いです。

 

購読させてもらっているブログの方が、美容院に行って大変身されたと読んで大いに触発されました。私も来週末予約しているので、しっかり話し合ってなりたい髪型になります! もうホットペッパー経由でこの写真の感じでとオーダーしているので話は早いはず。前の美容院では断られていたのですが、今回はベリーショート専門の美容師さんなので期待です。それでも無理と言われたら諦めて髪を伸ばします。

あすけん課金、きんに君の筋トレも真似しちゃおうかな。要手術という不運に見舞われ、大変身でもしないとやってられませんよ〜。体のコンディションがいいと治療にも耐えやすいだろうから、栄養と運動に気をつけてみます。

母親が意外と親身になってくれる

こんばんは。

 

昨日は疲れて何もかも嫌になっていましたが、今日起きたら普通になっていました。死にたいとか思っても、何日か考えるのがいいですね。

 

カウンセリングで手術の可能性を話しました。優しい方なのですが、どんどんいろんなことに向き合って、人生が開けていきそうですねと言われて、なんか微妙な気分でした。まだそんなふうに思えないけど……。笑顔でいてくれるのは少し癪だけどありがたいことなのかもしれません。

どこも予約は取りづらいから、気になる病院があったら紹介状をもらう前に電話しておいたほうがいいと言われました。それで気になる病院に電話したら、やっぱり1ヶ月待ちくらいでした。病気の人多いんやな。

 

とりあえずそこを予約しておこうと思いますが、母が電話をくれて、聖路加病院や日本医科大も検討しなさいとアドバイスしてくれました。婦人科のがんで手術した人に話を聞いたり、わからないながら論文を読んでくれたりしたそうです。いつも突き放す言い方をするけど、心配してくれているんだなと感動しました。低侵襲の手術にもリスクがあることなど教えてくれました。最後は運だけど、と言うところが母親らしいです。失敗したらもうよっぽど運が悪かったと諦めるしかないと言っていました。

 

土日にパートナーと話し合って、とりあえず予約する病院を決めることにします。手術が安全であることと、メンタル面を考慮してくれることが希望です。あとは通いやすさかな。先生のお人柄は会ってみないとわかりませんね。

 

Apple Trade Inの梱包材がさっき届きました。迅速な対応です。こちらも早めに送ろうと思います。

とりあえずは土日、休もう〜。

Apple Trade Inと漢方薬局

こんばんは。

 

今日もまあぼちぼちと、できることをやって過ごしました。

大きな成果は、面倒でやっていなかったApple Trade In(Macの下取り)を申し込めたことです。やろうと思ったらすぐできるんだからと思って先延ばしにしていたら、結構大変でした。申し込み自体は10分くらいでできるのですが、なぜか古いMacBookが初期化できなくて、Appleに電話することに。有能なお兄さんが対応してくださり、1時間かけてやっと初期化できました。こういう作業をするのは時間に余裕がある時がいいなと思いました。これで最大25,000円戻ってきます。そう思うと時給めっちゃいい! 古いMacBookちゃんも別れがたかったのかな。お世話になりました。

 

余勢を駆って漢方薬局にも行ってきました。粘膜に筋腫があって、手術するつもりはあるけどそれまでの生理がしんどすぎるから助けてほしい旨を相談。問診と脈、舌の状態を診てもらって、芎帰調血飲第一加減という漢方を試すことにしました。次の生理まで飲んでみて、合っていれば効果がわかるらしいです。長期間飲むのはお財布がしんどいけど、すぐに効果がわかるなら試してみようと思いました。もしこれで生理が楽になったらがんばってお金を払う価値あります。

薬剤師さんの見立てでは、私は気滞が根本の問題で、それが原因で瘀血の状態になっているということでした。ストレスで気が巡らなくなっていると。ストレスって本当に万病の元なんですね。自分でもストレスを溜めない生活を心がけようと思いました。具体的な方法はわからないのですが、自分に優しく。

 

恋人の転職は本当によかったと改めて思いました。仕事から帰ってきても雰囲気が柔らかいです。明らかにストレスが減っているから、健康にいいはず。お給料が減っても、そんなことには代えられないと思います。いろんなことを乗り越えて、ふたりで元気に長生きしたいです。

子宮、取っちゃってもいい?

こんばんは。

 

怒涛の三連休だったので、今日は昼くらいまで寝ました。ひとりになって落ち込むかと思ったら、わりと落ち着いて仕事やメール対応などできています。この調子だと研究も案外できるのかも。これを書いたらやってみようかな。受動的に病気に対応する人生だともっとつらいから、つらくても自分の仕事は持ったほうがいいと恋人は言います。

 

子どもが欲しいという気持ちとは縁のない人生を送ってきましたが、ここへ来て子宮を取っちゃうかもしれない事態に直面しています。子宮を温存することもできるけど、筋腫の数が多いし手術中の出血も多くなってしまうみたいです。もちろんまだ産める年齢だから、お医者さんは積極的に温存するほうを提案してくれるのですが。

 

私はできるだけ楽で安全な治療法が良くて、子宮の温存にはこだわらないと言うつもりです。むしろどうせお腹にメスを入れるなら子宮ごと取ってほしい気持ちまであります。子宮筋腫がなくても倒れるほど月経痛がひどかったからです。そうなると、本当に子どもを産む可能性がゼロになってもいいのかと考えることになりました。妊娠出産はしたくなかったけど、どうせ手術するならもはやそういう苦痛を伴う行為も可能の領域に入ってきます。

 

私と恋人は元々子どもを育てるつもりはありませんでした。母親は子どもを産めと言っていた時期もありましたが、最近は諦めている様子。妹も二人います。だからまあ、いいのかな。

 

恋人や家族に子どもを見せられないのはちょっと申し訳ないけど、自分ががっかりすることはないようです。もし仮に自分の子どもが欲しくても、産むのはかわいそうでできないと思いました。私は物心ついた時から、「生まれたくなかったなあ」と思っていました。だから、他人を生まれさせることはしたくないと思います。これは私の悲観的な人生観(そうでもないけど)や、人間的未熟さからくる感じ方かもしれません。でも今まで覆せなかったから、今はこれに従おうと思います。

 

ごりごりに反出生主義を周りに押し付けたりとかそういうことはないのですが、私は生まれないのがいちばん幸せと思っています。それは不幸なことかもしれません。でも子どもの頃から一貫した感じ方をなかなか変えることができません。私にとってとても自然な感じ方だから。誰かが子どもを産むのは、素晴らしいことだと思います。その人たちは人生に「イエス!」と言えるということですから。

 

私もいつかは「生まれてきてありがたい」と思えるといいなと思います。毎日平和でそこそこ幸せなので、今思えていないのは謎ですが、自分の心もわからないものです。生まれてしまった私は、前向きに生きないといけないと思うのですが。

誕生日と凱旋タコスパーティー開催

こんばんは。

 

涼しくて過ごしやすい日でしたね。無事妹を迎えてタコスパティーを開催しました。

恋人は昨日の夜からカルニタスを煮込んで、今朝はサルサヴェルデとサルサロハを作っていました。サルサは野菜を焼いたり煮たり、結構手間がかかるんだと知りました。最後の大仕事はトルティーヤを焼くこと。IHからガスになったせいか、ちゃんと生地が膨らんでおいしかったです。忘れちゃだめなのは玉ねぎのみじん切り、パクチー、そしてライムです。

 

私は12時に妹を駅に迎えに行って、サルサの味をまとめるタバスコを買って帰りました。妹とは半年ぶりに会いましたが、今日もかっこよく決めていました。写真を撮ってから3人でひたすらタコスを作っては食べ作っては食べ。少食な妹もいつもよりたくさん食べてくれました。私は食べるのが下手で、机をサルサだらけにしてしまいました。

 

食事の後は妹があちこちから持ち帰ってくれたお土産を披露。サグラダファミリアのピンバッジやMind the Gapの刺繍が入った靴下、いちばん嬉しかったのはボストン茶会事件のレプリカの箱に入った茶葉でした。恋人は部屋に引っ込んで、きょうだいだけで話せたのもよかったです。

 

妹がケーキを買ってきてくれたのでお茶を淹れて恋人を呼びました。箱を開けたらなんとホールケーキで、誕生日プレートまで乗っていました。恋人はこんなにいろんな人に誕生日を祝われたことは人生で初めてかもと大喜びでした。古き良きケーキ屋さんのいちごショートで、ふかふかのスポンジに軽めのクリーム。3人で半分食べましたが、残りも余裕でいけそうです。夜に取っておきました。

 

素敵な再会になりました。妹とは毎日電話していたのであまり久しぶり感はなかったですが、やっぱりどこか以前と変わっている気も。私も会うたびに成長していたいと思いました。家族の前で背伸びをする必要はないけど、高め会える関係でありたいです。

MRIの結果、手術を勧められました

こんばんは。

 

ばたばたしていて間が開いてしまいました。メンヘラながら生きています。

 

この数日はいろんなことがありました。まず妹がニューヨークから帰ってきました。会社の寮に入ったけど、まだ荷物が届かず不自由しているようです。謎の雑貨屋で当面必要なものを買い揃えたり。枕になりそうなものががちぃかわのクッションしかなく、それを買ったそうです。会社から支度料はもらっていると聞いて安心。明日はうちに遊びにきてくれるらしく、楽しみに待っています。タコスパティーの準備をします。

 

土曜日は婦人科に行って、MRIの結果を聞きました。待合にいる間は恐怖でいっぱいでした。呼ばれて診察室に入ったら、あっさりと「これは手術したほうがいいね」と言われました。紹介状を書くと言われましたが即答はできなくて、とりあえず家に持ち帰ることに……。手術しかないんですかと聞いたら、ホルモンの薬もあるそう。更年期の症状が出るから、精神科の主治医に飲んでもいいか聞いてきてと言われました。でもまあどれくらい効くかはわからないそうです。筋腫の位置が悪いらしくて。

 

母に相談したら、とにかくいい医者を探して、手術するかどうかも含めてしっかり相談しなさいと言われました。たしかに、今の病院ではもう限界かなと思います。あと、心配していないでちゃんと研究しなさいと言われました。厳しい。

 

手術かもというのはショックです。誰でもそうだろうけど、私は特に注射を中心とした病院恐怖があって、メンタルに堪えるのです。調子が悪いと恐怖のあまり思い詰めて自死してしまうかも。そういうピンチが何回かありました。人生で困ったことはいろいろ起きるけど、絶妙に苦手なところを攻めてくるなと感じます。注射ができるようになるために、8月初旬に専門の精神科を予約しています。なんとかしないといけません。

 

さすがに夕飯は食べられませんでした。夜は泣いたけど、恋人のなぐさめと薬の力で寝付けました。

 

今日は恋人の誕生日だったので、元気を奮い起こして予約していた銀座のお店に行ってランチをしました。メインのステーキが地元の和牛で、こんなブランド牛がいたのかとびっくりでした。地元では出回っていないそう。

そのあとふたりでいつもの喫茶店に行って、恋人が誕生日なんですと言ったら、マスターがプッチンプリンを出してくれて、プッチンする間パラパラを踊って盛り上げてくれました。突然のホストクラブ。なんだか獅子舞のようにありがたかったです。

 

自分に手術が受けられるのか、無理なのかわかりませんが、現実感がないまま明日のタコスパティーの準備をします……。